構築の乱れカテゴリー4(マンモ)から良性と診断されるまで③

MRIの検査結果を聞くはずが…

皆さんこんにちは パンダブです。

乳がん検査のマンモグラフィーでカテゴリー4要精密検査を受けてから、悪性なしと診断されるまでを綴っている今回。




今日は病院3回目。MRI結果を聞きに行きます。

の、はずだったのですが…

検査3日後の日曜日の19時くらいから腹痛が。

我慢していましたが、どうにもこうにも我慢できない痛み。

21時になっても一向によくならず…

とうとう、夜間外来に飛び込んだのでした…

緊急入院

夜間外来では、尿管結石ではないかという診断で、痛み止めの点滴を受け、いったん帰宅しました。が、数時間で痛みが再開し、もらった座薬も全く効かない状態へ。翌朝一睡もできずにまた病院に駆け込んだところ、緊急入院となりました。

また入院の話は別に書こうと思いますので、ここでは退院後の話に戻ります。

入院と乳がん検査は全く関係はありませんでした!(疲れはあったのかも)

スポンサーリンク

MRI検査結果

1週間後に聞くはずだったMRIの結果が、結果的に3週間後に伸び、12月半ばにやっと聞きに行きました。

初めて乳腺外科の先生の診察。

「自分で触ってしこりは分かる?」「痛みはない?」「家族や近い親族に癌の方はいる?」

「わかりません」「痛みはありません」「父が前立腺がんです」

聞かれたことに応えていきます。

最初の診察で、家族に乳がんの方は?と聞かれ「いません」と答えたのですが、

電子カルテの画面には、親族に癌なしという文字が。

それを先生が打ち変えていっていました。

乳がんだけではなく、癌にかかっているかが情報として必要なんですね。

続いて触診。

先生がしこりがあるらしき辺りを触って診察されます。

「この辺りにしこりがある感じだけど、あんまりわかりにくいかな」

「今までの検査結果や触った感じだと、良性か悪性かどちらともいえるかんじです。なので、針生検をします。来週は来れますか?」

針生検とは何ぞや?って思っていたら、先生より説明を受けました。詳しくは看護師さんから。

胸に麻酔の注射をうち、シャープペンシルほどの針で、細胞組織をとるのだとか。それで癌かそうじゃないかが分かるそうです。

「麻酔で具合が悪くなったことはありますか?」

考え込むパンダブに、

「歯医者さんで麻酔したことある?」と先生。「あ、あります」というと、「じゃあ大丈夫かな」と言われました。

歯医者さんでする麻酔ってなにも考えずにやってたけど、麻酔なんですよね。当たり前だけど。


診察後、針生検の注意事項などを看護師さんと確認します

針生検(コアニードル)とは?

画像ガイド下(超音波装置)を使用して、位置確認をしながら、局所麻酔後、針にて乳房の組織を採取して検査を行います。身体に侵襲が少なく、確実に調べることができるのが特徴です。

検査にあたり…

※外来で検査をおこないます(通常午後からの検査となります)

※食事をしてもかまいません(絶食は不要です)

※局所麻酔時の注射の痛みはありますが、検査中の痛みはあまり感じません

※検査を行った当日は、激しい動きは避けてください 入浴は、半身浴をしてください

※翌日受診していただき、傷を見せていただきます 検査翌日の入浴は、シャワー浴となります

※検査終了後3日目より、普段通りの生活を送りください

※組織検査の結果が出るには2~3週間ほどかかります

看護師さんと確認しながら、だんだんと身体の力がみなぎってきました!

この針生検というイベントを、誰にも気付かれずに終えなければ!

という意気込みをもとに、病院をあとにしたのでした…。




スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です