構築の乱れカテゴリー4(マンモ)から良性と診断されるまで①

悪性ではなかった!

皆さんこんにちは

またまた長い時間ブログを更新できていませんでした…



2020年10月に受けた健康診断の結果がこちら↓




検査結果が出るまでは、体は元気なのに気持ちが落ち着かず。そんな年末年始を過ごしていました。

通常は2週間ほどで出る検査結果が、年末年始を挟むので大幅に遅れていたんですよね。

やっと診断が出て、経過観察は必要だが悪性無しという結果をもらいましたので、ひと安心したパンダブです。

もしかしたら今、構築の乱れを指摘され、動揺しながらネット検索している方もいるかもしれない。そんな方たちに、少しでも何かの役に立てばと思い、カテゴリー4要精密検査を受けてから、悪性なしと診断されるまでを綴っていこうと思います。

紹介状をもって別の病院へ

健康診断のマンモグラフィーでカテゴリー4要精密検査を受け、まず悩んだのがどこの病院へいこうか、ということでした。

パンダブの住んでいるところは田舎のため、乳腺外科がある病院が少なく、少し離れた大きい病院に行くか迷いましたが、まずは検査をして手術や治療が必要になった時にセカンドオピニオンで考えようと思い、市内の病院へ。


乳腺外科があるのですが、決まった曜日にしか先生がいないらしくて、そこでまず外科の先生の診察を受けました。

検査結果を眺めながら

「一応マンモとエコーを撮ってもらいますが、全然大丈夫だと思います。マンモには怪しいのがみえるけど、エコーでは見えないという所見になってるので」

「あ、それと家族で乳がんになったかたは?」

と言われました。

「いません」

なんだー、要精密検査って言われたけど、心配しなくってよかったと思い、安心してマンモとエコーへ。




検査後、もう一度診察室に戻ると、エコー写真をみながら先生が難しい顔をしていました。

「もしかしたら癌の疑いがあるので、乳腺外科専門の先生の予約いれますね。明日MRIを撮りたいのですが来れますか?」

なにーーーーーーーー!!!!

さっきまで全然大丈夫って言ってたのに…

一気に不安が押し寄せるパンダブ。

そうして大きな不安を抱えたまま1回目の診察は終わったのでした…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です