◇7 おすすめの本:パンドラの匣【太宰治】

なぜ人生に勉強は必要なのか?

帯に書いてあったこの言葉

太宰治氏のこの本。

学生、受験生、保護者、みんなに読んでいただきたい一冊。

太宰治に解決してもらう

正義と微笑にでてくるこの部分。

勉強というものは、いいものだ。代数や幾何の勉強が、学校を卒業してしまえば、もう何の役にも立たないものだと思っている人もあるようだが、大間違いだ。植物でも、動物でも、物理でも化学でも、時間のゆるす限り勉強して置かなければならん。日常の生活に直接役に立たないような勉強こそ、将来、君たちの人格を完成させるのだ。何も自分の知識を誇る必要はない。勉強して、それから、けろりと忘れてもいいんだ。覚えるということが大事なのではなくて、大事なのは、カルチベートされるということなんだ。カルチュアというのは、公式や単語をたくさん暗記している事でなくて、心を広く持つという事なんだ。つまり、愛するという事を知る事だ。学生時代に不勉強だった人は、社会に出てからも、かならずむごいエゴイストだ。学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。勉強しなければいかん。そうして、その学問を、生活に無理に直接に役立てようとあせってはいかん。ゆったりと、真にカルチベートされた人間になれ! 

スポンサーリンク

太宰治 なぜ人生に勉強が必要なのか

有名ですが、読むたびに納得。

勉強がそんなに意味を持たないって言う人もいるけれど、

『その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。』

パンダブは子ども達にもそう教えています。



受験生へのプレゼントにも

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です