トトロの原型!パンダコパンダの魅力

    パンダコパンダを知っていますか?

    皆さんは「パンダコパンダ」を知っていますか?

    パンダブが中学生くらいの頃、深夜に放送された「パンダコパンダ」。当時はパンダコパンダを知らなかったのですが、「パンダ」とついているから、きっとパンダの物語に違いないと、録画をしてみたのでした。

    後日、録画したビデオテープ(もしかして分からない方いますか!?テレビをDVDに録画するような感じです)をみてびっくり!

    そこには究極に可愛いパンダのアニメが写っていたのでした。

    パンダコパンダの歴史

    パンダコパンダのアニメは、まだパンダブが生まれる前、1972年の12月に公開されました。中国から上野動物園に2匹のパンダ「ランラン」「カンカン」が来園したことで、日本中にパンダブームが沸き起こった年だそうです。この映画を手掛けたのは、若き日の高畑勲監督と、宮崎駿監督に加え、大塚康生氏小田部羊一氏といった日本を代表するアニメのクリエイターたちでした。

    高畑勲監督と言えば「火垂るの墓」や「アルプスの少女ハイジ」、宮崎駿監督と言えば「となりのトトロ」や「もののけ姫」など、言わずと知れた大巨匠ですよね。そんなクリエーターによって生まれた「パンダコパンダ」が、2022年に50周年を迎えます!

    スポンサーリンク

    パンダコパンダって?

    だから「パンダコパンダ」ってなに!?

    って思った方もいらっしゃいますよね。

    アニメ「パンダコパンダ」は、パンダ、子パンダでパンダの親子なんです。

    左が父親パンダ(パパンダ)、右が子どものパンダ(パン)です

    パパンダ(写真上 右)をみて、何かに似てるなーと思いませんか?

    ジブリファンならピンときますよね!

    そう、パパンダ(写真上 左)はトトロの原型と言われているのです!めちゃくちゃ似てますよね!

    パンダコパンダの16年後の1988年に、トトロが公開されています。パパンダがのちにトトロとして世に出たと思うと、感慨深いですね。

    2020年に50周年を迎えるパンダコパンダ

    パンダブが大好きなアニメ、「パンダコパンダ」。

    パンダコパンダが、2年後の2022年に50周年を迎えます!まだ2年も先ですが、パンダ好きのパンダブにとって、パンダコパンダをブログで紹介できるのが嬉しくて…

    そして今、お家で過ごしているお子さんたちに、ぜひ見て欲しいなぁと思って書きました。公式サイトには、壁紙やTwitterのアイコンの配布や、福笑いなんかもあって、とっても楽しめますよ!

    公式サイトは下のバナーをクリックして下さいね!

    2年後、このブログで必ず50周年のパンダコパンダをもう一度ご紹介したいと思っています!それまで頑張ってブログ書かなきゃですね!

    まとめ

    今回は、パンダブが愛してやまない、アニメ「パンダコパンダ」をご紹介しました。

    お家の中で過ごしているお子様たちに、ぜひ見て欲しいなというアニメです。アニメに出てくるお父さんパンダ「パパンダ」は、あのトトロの原型になったキャラクターで、アニメの中でも、トトロっぽいシーンが見られますよ!

    ぜひご家族で楽しんでいただけたらと思います。

    パンダブでした!

    パンダコパンダのグッズを紹介!

    スポンサーリンク

      コメントを残す

      メールアドレスが公開されることはありません。